飲食店の方におすすめの居抜き店舗とは

飲食店はこれから営む場合には、初期費用が気になるところです。初期費用は、普通に考えても100万円から300万円位はかかります。ある程度凝ったものにするとき500万円以上はかかると考えて良いでしょう。ですが、居抜き物件を探すことによって、これらの初期費用を3分の1程度に抑えることが可能になります。飲食店を営む場合には、前に飲食店を営んでいて、既に廃業したテナントを選ぶと良いでしょう。もちろん、飲食店にも様々な種類があります。そのため、どの飲食店でも良いわけではありませんが、できるだけ共通点の多い居抜き物件を選ぶと初期費用が確実に減ります。このような物件を見つけるためには、様々な不動産会社、しかも居抜き店舗を強みとする会社を選ぶ必要があるでしょう。

居抜き店舗の魅力をもう一回確認しよう

居抜き店舗の魅力は、新しい借主には大きなメリットがありますが、同じように前の借主も大きなメリットがあります。普通、テナントを退去する場合はスケルトンの状態に戻していかなければならないのです。スケルトンの状態とは、壁紙や掲示物はもとより、カウンターや冷蔵庫などまで全てを取り払わなければならないことを言うことです。これらをなくすだけでも、100万円程度のお金はかかるでしょう。廃業するようなお店の財政状態で、スケルトンにするのは非常に困難なのです。ですが居抜き店舗を利用することで、わざわざスケルトンにする必要がないためお金がかかる事はあまりありません。もちろんいらない設備等は捨てなければなりませんが、大抵のものは使えますので、そのままの状態にしておけば良いのです。

居抜き店舗の不動産会社を探そう

居抜き店舗を探す場合には、自分の足で探すことも必要ですが、不動産会社に頼ってみてはどうでしょうか。ただし、不動産会社といってもいろいろな種類があります。不動産会社の中でも居抜き店舗を主に扱っている不動産会社であれば、たいていの店舗の情報を得ることができるに違いありません。ただし、不動産会社と言っても良し悪しがあります。顧客に対してしっかりと向き合ってくれる会社や顧客のことをあまり考えずに営利を最優先に考える会社もあるのです。どのような会社であるかは、前もって評判などを調べることで良い会社を選ぶことができます。不動産会社選びの段階でうまくいけば、その後の飲食店の経営もうまくいく可能性が高いでしょう。逆に、不動産会社選びを失敗すれば、最初からつまずいてしまいます。